リフォームで快適な家に変身|価格も安い再建築不可物件のメリット
積み木

仲介を受ける仕組み

不動産会社による仲介を受けてマンション売却を行うのが一般的ですが、これは営業業務などを一任して買主を探してもらう対価として仲介手数料を支払うという仕組みで成り立っています。マンションを買うときにも仲介を受けるという共通理解があるため、買主を探すのに効率的な方法となっているのです。

魅力的なら高く売れる

紳士

横浜の不動産を売却しようとしているのであれば、仲介サービスだけでなく、不動産の買取サービスも検討してみましょう。横浜は魅力的なエリアであるがゆえに、思わぬ高値で査定してくれる不動産会社が現れる可能性が高いです。

仲介手数料が不要の売却

積み木

仲介手数料無料の不動産業者では単純に買主からだけ仲介手数料を申し受けている場合もあります。一方で、不動産業者自身が買取を行うことで直接契約になるから仲介手数料がかからないという仕組みになっている場合もあることは留意しましょう。

格安で中古住宅を入手する

住宅模型

価値の低さをメリットに

中古住宅に係る物件広告を見ていると、時折「再建築不可」という文言が注意事項として記載されているのを目にすることがあります。再建築不可とは、現在建っている住宅をそのまま使い続けるのは構わないが、いったん取り壊したら再び住宅を建てることができないという、不動産の状況を表す言葉です。具体的な例としては、接道義務を満たしていないというケースが挙げられます。現在の法律では、原則として幅4メートル以上の道路に2メートル以上接地していない土地には、防災上の観点から住宅を建ててはならないとされています。しかしこの規定ができる以前に建築された家屋の中には、今でも居住に耐えうるものが残っており、これが売りに出されることがあるのです。こうした制限があることから、再建築不可物件は一般の物件に比べて価格が割安です。そしてその安さが魅力となって、最近ではあえて再建築不可物件を求める人たちも増えています。再建築不可物件は、主に若いカップルなどに人気です。少ない資金でも取得しやすいことから、まずはマイホーム実現の第一歩として購入するケースが目立っています。その一方で、新築にそれほどこだわりを持たないシニア層の中にも再建築不可物件を求める人たちが少なくありません。古い家は造りがしっかりしているので、リフォームを施せば快適に暮らし続けることが十分可能です。また、接道義務を満たしていないような家は昔ながらの閑静な住宅地に多いため、周辺環境にも魅力があります。