仲介手数料が不要の売却|リフォームで快適な家に変身|価格も安い再建築不可物件のメリット
インテリア

仲介手数料が不要の売却

積み木

名前に騙されない必要性

通常は不動産の売却をするときには不動産業者による仲介を受けて個人や法人と売買契約を締結します。その仲介には仲介手数料がかかりますが、不動産業者の中には仲介手数料無料とする業者もあるのが現状です。その仕組みには二通りあり、一つはセールス目的で誤解を生む表記になっているので注意しましょう。仲介手数料無料のケースとして、一つは仲介を行う際に不動産業者が売主からは仲介手数料を申し受けず、買主からだけ申し受けるという仕組みを作っている場合があります。これは真当な仕組みであり、不動産業者としては仲介手数料による収入が半分になるのを覚悟の上で売主を募集したいという考え方実施しているものです。少しでも多くの物件を抱えて、買主にとって魅力的な物件を紹介できるようにしていると考えることができるでしょう。もう一つの仕組みとして不動産の買取を不動産業者自身が行っている場合があります。この場合には仲介手数料無料という表示は正しくはありません。そもそも仲介を行っているわけではなく、売主は不動産業者との直接取引を行うことになるからです。しかし、売主は仲介手数料がかかるものであると考えていることも多く、それがかからない取引方法があるということを伝えるために仲介手数料無料という表記をしていることがあります。わかりやすくするための宣伝方法ではありますが、仲介を受けているわけではないという点を理解しておく必要があるでしょう。