仲介を受ける仕組み|リフォームで快適な家に変身|価格も安い再建築不可物件のメリット
インテリア

仲介を受ける仕組み

マンション

一般的な売却方法

マンション売却を行うときに最も一般的なのは仲介を受ける方法です。不動産会社による仲介を受けて買主と売買契約書を交わすというのが基本になります。この方法は不動産会社にマンション売却のための営業業務と諸々の書類作成を一任してしまう代わりに仲介手数料を支払うという仕組みで機能しています。媒介契約を締結することで不動産会社に買主を探すための営業活動を行ってもらい、購入希望者が登場したら内覧や交渉などの日程調整や書類作成などの事務を実施してもらいます。そして、購入が決まったというときには売買契約書の作成や処理を一通り任せてしまうことができ、最終的な引き渡しについても第三者として立ち会いを行ってトラブルが発生しないようにしてもらえるのが通常です。さらに納税などのアドバイスをしてもらえることも多くなっています。仲介業務自体にはただ買主を探して売買契約を取り付けるということだけが含まれていますが、それに加えてマンション馬脚に関わる諸々の業務を代行してもらえるようになっているのが一般的です。これによって個人で探していてもなかなか見つからない買主を効率的に探せるようになります。不動産会社に相談するのがマンションを探している人にとって常識化しているため、マンション売却の方法として最も広く購入希望者を探せる方法となっているのです。世の中での共通理解があるからこそマンション売却の際には仲介を受けるというのが一般化しています。